2012.01.04

是非、見てご意見下さい!福井県議会の議会中継録画を。

予算委員会

12月議会、本会議での一般質問、予算委員会での質疑、福井県議会のライブ録画があります。
原発、医療、まちづくり、女子中学生殺害事件の冤罪問題など多岐にわたって質しました。
あなたのご意見をお寄せいただければ幸いです。
 
例えば、看護師問題については、下記のような指摘・提言をした。
Q 「医師不足対策は基本的に国策で、看護師不足は県政の課題である。本県の看護師不足は?」
A 「不足は230名。新人看護師の研修機会、保育施設の支援で対応できる。」
Q 「絶対不足で、今後看護師ニーズは増大する。看護師養成定員は本県395名。しかし、人口  同規模県では1,000人ないし1,500人を育成している。学校の増員、増設が必要で 
  はないか?」
A 「その考えはない。」
Q 「未だ、県立病院は患者対看護師の配置基準は未だ 10対1である。多くの大病院や基幹病  院などでは 7対1 体制である。診療報酬の改訂を受けて、患者への医療サービス、収益 
  性、看護師の過重労働の改善から必要だ。改善すべきだ。」
A 「現在、検討中だが、配置増員の人件費など過大がある。」
Q 「先進高度医療の基幹病院が、患者の視点を副次的に考えてどうする。」と追求。
 
 写真は、後日公表されたスピーディの汚染予想図とモニタリングの汚染実態が重なっていることを指摘し、ヨウ素剤の配布飲用体制を指摘している。1問1答審議の予算特別委員会での一場面