2012.04.09

団体に投稿文を掲載、「大飯再稼働に我れ異議あり。!」

 野田政権が福島原発事故で、年末から打ち出している取り組み、「冷温停止状態」の宣言、この間の「除染作業」、さらに大飯原発の再稼働ありきの姿勢に、与党の一員とはいえ、強い疑義を持ちます。
 福島原発の炉では、メルトダウン・スルーし、型崩れの燃料魂と建屋の使用済み燃料、この何れもが、強い放射能と崩壊熱を出し続けている。現在の冷却は、自転車操業であり、行方知れない漏水や行き場のない汚染フィルターなどの高レベル汚染物なども増え続けている。今後の安定的な冷却封じ込め見通しはみえてこない。
 また、「除染作業」、これは「除染」でなく、正確には「移染作業」で、この作業は途方もないもので、「減染」は出来ても、無害化になるのは数百年数千年先の事です。スリーマイルアイランドでもチェルノブイリでも極めて限定的な「移染作業」でした。
 ところで、大飯原発3・4号機の再稼働問題が大きな局面に差し掛かってきました。
西川知事は、大飯原発再稼働についてこの2月議会で次の要件を示された。
一、原子力発電の意義と原発再稼働の必要性
一、福島事故では地震による重要機器への損傷はなかったとの知見に対する国の見解
一、福島事故の知見や教訓を反映した暫定的な安全基準の早期設定とスケジュールの明確化
一.日本海側の地震・津波の調査研究など科学的知見の原発の安全基準への反映   
を求めており、これに対し、国は再稼働の安全基準を次のように決めた。
一、地震・津波で電源喪失した場合、対策をとっているか。
二、福島のような地震津波が起きても燃料損傷に至らないと国が確認。
三、テストの三〇項目の安全対策を電力会社が実施計画を作る。
 確かに、一のハード面での整備で完了。二は国が了解すれば済むこと。三は実施計画を作ることで、関電は九日、国に提出した。
 これで、ゴーサインか?このミスマッチには驚く。サッカーボールを投げたら、テニスボールが返ってきた?知事の提案に国は応えていない。これでは知事もノーであろう。
私は、加えて問題提起する。
 不測の事態に至ったとき、現地での指示・対策をとる、免震重要棟やオフサイトセンターと体制は不十分。
 若狭湾、敦賀半島の活断層の分析評価と耐震
 前科のある保安院でなく、原子力規制庁の設置管理の下で
 防災避難計画の早期見直し策定、安定ヨウ素剤の服用体制
 国の事故調査検証委員会の結果反映       
などが生かされるべきだ。それにしても福井県原子力安全専門委員会のメンバーに千五百万円もの寄付「賄賂」が行われていたとは残念至極。
県も議会も、専門委員会も、県民の生命と財産を守るために、未来に責任を持つことに真摯でなければならないと決意しています。政治は決して時流や目先に利益に流されてはなりません。
 
 ところで、私は十五日よりチェルノブイリへ九日間の視察に出かけます。おりしも、再稼働を巡り、県議会の中でも丁々発止大論議のさなかであるが、参加できず、残念至極!すでにベラルーシ、ウクライナの各機関や団体、施設へのアポを大使館経由でとっており、変更ができない。




ブログ 民主党 福井県議会議員 野田富久(のだ とみひさ)