2010.11.28

連日、候補者擁立の調整に動く

 昨日の夕方、予定候補者、同夫人、仲介者、我が国会議員を交え2時間半にわたる擁立の協議・調整。何とか私どもの戦線で戦っていただけそう。さらに、その後、F選挙区県議選で女性の動きがあって協議申し入れするが、立候補しても民主党系からの出馬は見通し立たず。
 今朝は、この間、F市議選擁立で調整してきたが、当該町内の一役員の必要な抵抗にあい、不調に終わる。依頼した方のご家族にお詫び方々経緯の説明に伺った。昼には、知事選の情報などについて、ある方より1時間にわたる長電話。
 合間を見て、友人の見舞いを行うが、ベットに臥せてる姿をみると、耐えられない気持になった。青年時代、論議に論議を重ね、深夜に及んだ情景を思い出す。軽快になって欲しい。
 



2010.11.18

選挙戦準備・候補者擁立に大わらわ

 連日の候補者擁立に駆けずり回る。民主党県連の幹事長として、県議会議員候補者は前回の8名から倍増の16名は擁立したい。国会議員が上京ゆえ、県内一円での擁立のための環境整備で、関係者に何度となくお会いしなければならない。でも、目標に近づきつつある。
 私の支援母体である県庁職員組合もやきもきしながら今日を迎え、お呼び出しが掛かる。いよいよ、エンジンをかけなければ・・・。前回は私と重複した支持者を母体に、元町内住民のI君、知事選に出たT氏、県庁管理職のK氏、我が地区に乗り込んできた現職T氏、隣町内の自民長老のY氏と熾烈を極めた。今回は何としても頑張らなくては。




ブログ 民主党 福井県議会議員 野田富久(のだ とみひさ)