基本理念

「一人は万人のために、万人は一人のために。」

政策理念

今後、進めるべき縦・横・時間軸の三次元の政治

福井をグローバルに、世界、日本という視点、縦軸で見る。
福井を県民・市民生活の視点、横軸で見る。
福井を未来から今を見据え、縦・横織りなす施策を時間軸に推進する。
こうした、大所高所から見る視点は、生活実感に焦点を合わせ、未来に応える。
それが政治を志す者の見識と活動でありたい。

福井県政における基本政策

  • 民力が小さい本県で、産業や観光の特化、差別化を目的意識的に創設。
  • 教育県として、乳幼児・義務教育や中等教育の体系的な充足。
  • 総合的な交通体系の位置づけと整備。高速交通と公共を含めた地域交通。
  • 医療・福祉の予防を含めたサービスのネット化と地域共生の推進。
  • 持続的社会の推進を図るべき、環境保護と農林水産の地産地消の推進。
  • 未来から見据えた、まちづくりと中山間地の地域共生社会のシステムづくり。
  • 原子力の安全確保と徹底した情報開示の推進。